池淵教授の談話室

こんにちは。ようこそお部屋にお越しくださいました。
香り豊かなコーヒーはいかがですか。
窓際にたくさんの植物と、
我が家のいたずら猫の写真が飾ってあります。
ゆっくりくつろいでいってください。

私たち帝京大学精神科では、より良い臨床と、未来に役立つ人材育成と、質の高い治療を目指す臨床研究を行っています。ここでは池淵がここ1,2年、研究費をもらって取り組んでいる臨床研究を4つ紹介します。いずれも面白くて役立つ取り組みだと自負しています。
ぜひたくさんの若い人に興味を持っていただき、一緒の仲間で活動していけたらと思っています。ぜひお部屋に遊びに来てください。レスポンスをお待ちしています。

「臨床研究Ⅰ」地域生活サポートチームによるアウトリーチ・認知機能リハビリテーション・就労支援

精神科を受診される方々の話を聞いていると、診断をつけて治療についての説明を行い、 精神療法を行って投薬するという、診察室の中だけの治療では不十分であると痛感します。それは職場や家庭の中に様々な困難がみられる場合です。精神障碍者の生活の質はまだまだ貧しく、その面でも生活支援が必要で、家族の皆さんが「親亡き後」を心配されることはとてもよく理解できます。そこで外来で、必要があれば生活しておられる場に出向いて支援を行うアウトリーチサービスや、パソコンを使って生活していく力を高めるトレーニングである認知機能リハビリテーション、障害があっても働けるようにサポートする就労支援を行っています。人生に希望を持っていただけることが目標です。
*詳しくはパワーポイントファイル「外来におけるアウトリーチサービス」を見てください。

「臨床研究Ⅱ」認知機能リハビリテーション専用・オリジナルソフトの作成

 さまざまな精神障害、特に統合失調症では、注意、記憶などの認知機能の障害があり、そのために日常生活や仕事や学校がうまくいかなくなることが知られています。認知機能リハビリテーションは、パソコンを使った認知機能を改善するためのトレーニングで、改善効果がこれまでの研究で報告されています。私たちのデイケアでも、認知機能リハビリテーションを受けた後、仕事に就いた人たちがいて、元気に会社で活躍しています。認知機能リハビリテーションに使うソフトが日本ではまだ普及していないために、私たちは専用ソフトの開発に取り組んでいます。面白いソフトですので、ちかじか公開する予定です。
*詳しくはパワポイントファイル「認知機能リハ専用ソフトの開発」を見てください。

「臨床研究Ⅲ」社会機能を測定するツールの開発。

 いろいろな精神障害では、人と付き合ったり、家族と協力したり、仕事をしたりするなどの社会生活の能力が障害されてしまいます。そのためにいろいろなストレスがかかりやすくなり、その結果症状が悪化する悪循環になりやすいのです。症状の改善だけではなく、社会生活の能力向上が大切なのですが、そもそも社会生活能力って何? という疑問を持たれる方がおられると思います。これまでの研究で、社会生活能力をはかるための尺度が開発されてきましたが、世界標準になるものはまだないのが現状です。そこで測定ツールの開発に取り組んでいます。たとえば障害年金をもらうために診断書が必要ですが、社会生活能力が正確に測定できれば、こうしたことにもとても役立つと思います。
*詳しい研究の様子は、ワードファイルの論文「統合失調症の社会機能をどう測定するのか」をご覧ください。専門的な論文で少し難しいかもしれませんが、現在の学問の到達段階について書いています。

「臨床研究Ⅳ」社会的認知を改善するプログラムの効果検証。

 臨床研究Ⅲで書いたように、人付き合いがうまくいかなくなることも、大きな社会生活上の問題になってしまいます。統合失調症では、相手の表情や感情がわかる、相手の意図を把握する、状況を理解してその場にふさわしい行動をしていくこと(社会的認知)、などがうまくいかなくなります。わたしたちは社会的認知の改善を図るトレーニングの研究を進めています。未だスムーズに人と付き合える、とまではいきませんが、少し手助けになるのではと感じています。
*詳しい研究の様子は、ワードファイルの論文「社会的認知:脳科学と認知行動療法の架橋」をご覧ください。専門的な論文で少し難しいかもしれませんが、現在の学問の到達段階について書いています。

精神科学教室 主任教授

認知リハビリテーションの主要アウトカムとしての社会機能の評価に関する研究

2014.06.25

厚生労働省科学研究費補助金 障害者対策総合研究開発事業 疾病・障害対策研究分野 「統合失調症に対する認知リハビリテーションの開発と効果検証関する研究」 を平成24年から3年間の研究として行っています。平成25年度の研究がまとまりました。下記の要旨をご覧いただき、関心をお持ちの方はPDFを是非ご一読下さい。

 

要旨:統合失調症の社会的機能の適切な評価尺度の開発が国際的な課題となっている。実行する能力の測定、なかでも対人技能の波1定は、文化や年齢による差異が大きいことや、複雑な対人行動にかかわる多数の変数をどのように抽出して統合していくかなどの評価技術の問題があり、今後の開発が期待される分野である。そ手で本年度は対人スキルについてのパフォーマンステスト・ドラフトを開発した。目的があいまいで親和的スキルを要求される場面と、明確な目的をもつて行動することが要請される2場面からなり、社会的な状況認知―行動選択と対人行動―それについてのメタ認知や実行可能性の自己評価からなる。10名のフィールド・トライアルを実施した。スキルの普遍性、客観的・数量的評価技術の開発、実用性などが来年度の課題である。

25-24161701.pdfpsc01694s.jpg

「リカバリーにはたす希望の役割」臨床精神医学 第43巻第4号:535-543,2014

2014.04.15

下記の抄録をご覧ください。関心をお持ちの方は是非ご一読下さい。

研究報告

リカバリーにはたす希望の役割 

池淵恵美 

抄録:精神障害者の障碍からのリカバリーが重要視されるようになっているが,主観的体験とともに客観的にも回復していくことが、支援する専門家の側からの目標となる。本論ではまずリカバリーの考え方を整理し、次に主に客観的回復についての転帰調査の中で,近年の薬物療法の発展によってもリカバリーしていく人たちが飛躍的に増えているわけではないのではないか、という筆者の問題意識を明確にした。そしてリカバリーに欠かせない希望を持つことについて、「希望学」を紹介し、希望をはぐくむうえで重要な社会的・個人的背景を紹介した。そのうえでリカバリーを支援する中で希望を持ち、その実現をしていくことが困難になる障壁について、社会・治療システム・支援者の理念や技術・関係性・疾病性の視点から整理した。さらに症例を通してどのような困難が実際のケースで生じやすいかを類型化し、希望学を参照しつつ,支援の方向性や課題について論じた。

臨床精神医学43:535~543

(2013年7月17日受理)

Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.