池淵教授の談話室

こんにちは。ようこそお部屋にお越しくださいました。
香り豊かなコーヒーはいかがですか。
窓際にたくさんの植物と、
我が家のいたずら猫の写真が飾ってあります。
ゆっくりくつろいでいってください。

私たち帝京大学精神科では、より良い臨床と、未来に役立つ人材育成と、質の高い治療を目指す臨床研究を行っています。ここでは池淵がここ1,2年、研究費をもらって取り組んでいる臨床研究を4つ紹介します。いずれも面白くて役立つ取り組みだと自負しています。
ぜひたくさんの若い人に興味を持っていただき、一緒の仲間で活動していけたらと思っています。ぜひお部屋に遊びに来てください。レスポンスをお待ちしています。

「臨床研究Ⅰ」地域生活サポートチームによるアウトリーチ・認知機能リハビリテーション・就労支援

精神科を受診される方々の話を聞いていると、診断をつけて治療についての説明を行い、 精神療法を行って投薬するという、診察室の中だけの治療では不十分であると痛感します。それは職場や家庭の中に様々な困難がみられる場合です。精神障碍者の生活の質はまだまだ貧しく、その面でも生活支援が必要で、家族の皆さんが「親亡き後」を心配されることはとてもよく理解できます。そこで外来で、必要があれば生活しておられる場に出向いて支援を行うアウトリーチサービスや、パソコンを使って生活していく力を高めるトレーニングである認知機能リハビリテーション、障害があっても働けるようにサポートする就労支援を行っています。人生に希望を持っていただけることが目標です。
*詳しくはパワーポイントファイル「外来におけるアウトリーチサービス」を見てください。

「臨床研究Ⅱ」認知機能リハビリテーション専用・オリジナルソフトの作成

 さまざまな精神障害、特に統合失調症では、注意、記憶などの認知機能の障害があり、そのために日常生活や仕事や学校がうまくいかなくなることが知られています。認知機能リハビリテーションは、パソコンを使った認知機能を改善するためのトレーニングで、改善効果がこれまでの研究で報告されています。私たちのデイケアでも、認知機能リハビリテーションを受けた後、仕事に就いた人たちがいて、元気に会社で活躍しています。認知機能リハビリテーションに使うソフトが日本ではまだ普及していないために、私たちは専用ソフトの開発に取り組んでいます。面白いソフトですので、ちかじか公開する予定です。
*詳しくはパワポイントファイル「認知機能リハ専用ソフトの開発」を見てください。

「臨床研究Ⅲ」社会機能を測定するツールの開発。

 いろいろな精神障害では、人と付き合ったり、家族と協力したり、仕事をしたりするなどの社会生活の能力が障害されてしまいます。そのためにいろいろなストレスがかかりやすくなり、その結果症状が悪化する悪循環になりやすいのです。症状の改善だけではなく、社会生活の能力向上が大切なのですが、そもそも社会生活能力って何? という疑問を持たれる方がおられると思います。これまでの研究で、社会生活能力をはかるための尺度が開発されてきましたが、世界標準になるものはまだないのが現状です。そこで測定ツールの開発に取り組んでいます。たとえば障害年金をもらうために診断書が必要ですが、社会生活能力が正確に測定できれば、こうしたことにもとても役立つと思います。
*詳しい研究の様子は、ワードファイルの論文「統合失調症の社会機能をどう測定するのか」をご覧ください。専門的な論文で少し難しいかもしれませんが、現在の学問の到達段階について書いています。

「臨床研究Ⅳ」社会的認知を改善するプログラムの効果検証。

 臨床研究Ⅲで書いたように、人付き合いがうまくいかなくなることも、大きな社会生活上の問題になってしまいます。統合失調症では、相手の表情や感情がわかる、相手の意図を把握する、状況を理解してその場にふさわしい行動をしていくこと(社会的認知)、などがうまくいかなくなります。わたしたちは社会的認知の改善を図るトレーニングの研究を進めています。未だスムーズに人と付き合える、とまではいきませんが、少し手助けになるのではと感じています。
*詳しい研究の様子は、ワードファイルの論文「社会的認知:脳科学と認知行動療法の架橋」をご覧ください。専門的な論文で少し難しいかもしれませんが、現在の学問の到達段階について書いています。

精神科学教室 主任教授

McGurkさん講演会

2014.11.18

 平成26年11月17日McGurkさんをお招きして「認知機能リハビリテーションーこれまでの発展経過・現在の到達点・将来」という大変魅力的なタイトルで帝京大学にて講演会が行なわれました。

P1070577s.jpg

 

McGurkさんは統合失調症の認知機能障害を改善するための認知機能リハビリテーションの第1人者で、Thinking Skills for Work Program と称する就労支援プログラムを開発し、援助付き雇用と組み合わせて多くの人たちが仕事につけるように支援しており、研究成果も多数出されています。

 

 

 

 

 

 

P1070579s.jpg

「外来患者に生活支援・ケアマネジメントサービスはどの程度必要か」臨床精神医学 第43巻第7号 2014年7月

2014.07.31

帝京大学附属病院のデイケアスタッフと医師で研究調査したものをまとめました。

下記の抄録をご覧ください。関心をお持ちの方は是非ご一読下さい。

抄録:都市部の大学病院で16カ月間の新規外来患者全員を対象に、生活支援・ケアマネジメント必要度調査を実施した。551名の新規患者で除外基準該当者を除いた365名 66.2%のうち、社会生活や日常生活の障害、家族や環境との車L礫などにより,生活支援やケアマネジメントのニーズのある人(生活支援必要度得点4点以上)は51名 14%であった。4点以上の人の割合と,性別。年齢。ICD-10による診断分布には関連がみられず、気分障害でも高得点の者がいた。4点以上で介入に同意した11名では、精神症状と生活の障害とが関連し、 これまで周囲や専門家の援助を十分受けられていなかった。外来で援助者との関係性を紡ぎながら、 どのような支援が必要か、そして何を本人が希望するかを検討し、支援計画を立てていくことが必要であろう。医療と福祉の統合的な実施体制や、生活支援を医療で行う根拠(精神疾患すなわち脳機能の異常と,生活や環境との関連性の明確化)が求められている。

臨床精神医学43:1063~1074

 

Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.