精神科学教室 活動報告

第4回認知症 手をあてるフォーラム

2018.07.10

平成30年7月7日、TKP品川カンファランスセンターにて「第4回認知症 手をあてるフォーラム」が開催された。工藤千秋先生という、大田区で開業されている先生が主催されている会で、地域の医療関係者を対象にしたものかと思うが、あえて足を運んだのは特別講演の演者が松下正明先生だったからである。

 

松下先生は私が医学生だった頃に東大精神科の教授を務めておられ、私の卒業よりも前に退官された。同窓会などで謦咳に接する機会はあったものの、講義を受けるのは学生の時以来20年ぶりである。当時の教授試問では、私は「病棟に入りやすいよう、学生に鍵を持たせてほしい」などと、今自分自身が接している学生たちと何ら変わらない訴えをしていた記憶がある。今回、「皆さんの常識を覆す話をします」という前置きで始まったお話は、アルツハイマー型認知症についての独自の、しかし本質的で明晰なご見解や、ユマニチュードなどの最新の知見、それに高齢者に対する差別・偏見などの社会的問題への警告も含まれていて、興味深いことばかりだった。そればかりか、最近、本格的に認知症診療に取り組み始めた私の疑問・不安などまでもがきれいさっぱり吹き飛ばされてしまったのは、50年にも及ぶ先生の臨床経験から得たヒトの老いと死についての達観、それに世俗の雑事から離れてますます自由闊達に見える知性のなせるところであろうか。自分はこんな立派な先生の教えを受けていたのかなあ・・・と恥じ入るやら、有難いやらで、何か高僧の法話にでも接しているような気分であった。

 

最後に、先生が最後のスライドで示されたメッセージを以下に転載させて頂く。

 

「認知症医療にたずさわる専門家には、知を深め、技を磨き、人間理解に努め、それを基礎として、社会に隠然として存在する、高齢者や認知症の人などの弱者に対するステレオタイプ、偏見と差別、虐待、そして排除・抹殺という思想や行為に対する闘いへのリーダーシップを発揮して、敢然と立ち向かっていく社会的使命がある。この社会的使命を果たすことが、即、認知症の人を支えることでもある。」

 

栃木衛

rTMS(反復経頭蓋磁気刺激)実施者講習会

2018.07.03

平成30年6月30日、日本精神神経学会により、第1回のrTMS(反復経頭蓋磁気刺激)実施者講習会が開かれ、当科からは井川・栃木が受講してきました。今回の講習会は、反復経頭蓋磁気刺激装置が薬事承認されたことを受け、学会が策定した適正使用指針の正しい理解のために開始されたということです。これまで、当科のように臨床研究として行うか、自由診療として行うかしかなかったものが、保険適応となる見込みの下に標準化された形でプロトコールが示されたのは画期的と思われます。以下は講習の中で示された図を改変引用させて頂いたものであり、rTMSの治療上の位置づけを示しています。当科としては薬物療法・rTMS・mECTと、うつ病の急性期の重症度に応じた治療手段を全て揃えていることになります。

rTMS.jpg

気になる治療の有効性ですが、学会が示した同意説明文書では、以下のような記載になっています。

「rTMS療法の抗うつ効果の程度は、おおむね抗うつ薬による治療効果と同等と考えられますが、電気けいれん療法による抗うつ効果には及びません。うつ病患者さんの約3割は抗うつ薬に治療に反応しないと言われており、そのうちの3~4割がrTMS療法に反応しています。つまり、抗うつ薬が効かない患者さんの6~7割はrTMS療法にも反応しないことはご留意下さい。rTMS療法によって、病前に近い寛解レベルまで回復する割合は2~3割と言われています。再発率に関するデータは十分ありませんが、rTMS療法が有効であった患者さんの6~12ヵ月における再発率は1~3割と推定されています」

当科で行ってるrTMSの臨床研究についてお知りになりたい方は、本ホームページの「お知らせ」をご覧下さい。

Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.