精神科学教室 活動報告

第24回板橋区医師会学会

2019.12.10

2019年12月7日に行われた第24回板橋区医師会学会で、森岡医師が「成人発達障害の入院治療について~帝京大学病院メンタルヘルス科の現状~」という題名で、当院における成人発達障害の入院治療の現状と、短期精神病状態を合併したADHD症例について発表を行いました。結論として、本人の特性を理解するように働きかける精神療法、家族や地域と連携した社会的サポートなどが重要であり、支援には多職種連携が重要な役割を果たしうることを訴えかけました。今回の発表が、地域の先生方との連携促進のステップになれば幸です。

第4回いたばしこころの連絡会

2019.11.27

2019年11月26日、ホテルメトロポリタンにて第4回いたばしこころの連絡会が開催されました。今回は、画像に関連した勉強会の要望が強かった前回アンケートの結果にもとづき、東京都健康長寿医療センター 放射線診断科部長 徳丸亜耶先生をお招きしました。演題は「認知症の画像診断ー臨床・画像・病理を結ぶー」というもので、MRIの拡散画像の読影の話から始まって、最後はアルツハイマー病やレビー小体型認知症など、我々にもなじみの深い疾患の画像をとても興味深い形でご紹介下さいました。精神科医には想像もできないような微細な異常所見まで注意深くとらえ、それを精力的に臨床所見や病理所見と結び付けていく力に皆圧倒されていたのではないかと思います。最後は、献脳をされた方への敬意を示してお話を締めくくられ、医師のあるべき姿までお示し頂いたように感じました。今回の講演会、またその後の懇親会を通して、地域の精神医療・精神保健のネットワークが強化されれば幸です。共催頂いたヤンセンファーマ株式会社にはこの場を借りてお礼申し上げます。

Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.