精神科学教室 医局員の声

きみあきの休み時間 6th 電子カルテ

2016.07.08

(ガチャガチャ)いつからですか(カタタタ)えっとえとえと、きのうの昼からだったと思います(カタカタガチャガチャ)熱はありますか(ガタタタタ)えーっと39度くらいだったかな(ガチャリコ)
  キーボードを打つ音が鳴り響き、僕はただ悲しいふりをする。僕は3歳だし、だいいち目の前の男は「バソコン」に話しかけているので、とくに何も答える義務は感じなかった。答えていたのは、僕を連れてきたお父さんとお母さんだ。二人とも、もう少し落ち着けば良さそうなものを、相手が早口過ぎて、つい慌てたんだそうだ。
  幼稚園の帰りに熱が出てお腹が痛くなり、何度かゲボを吐いた。うんちが出そうで出ない。お父さんは僕のお腹を触って、何度も何度も、どこが痛いのかと聞いた。それからいっぱしに聴診器を持ってきて「音がしているな。みぎ、かふくぶつう」と唱えて、立ち上がった。そして僕はいま、夜だけど病院にいる。病院は注射をする所で、それだけは嫌だったから、もうお腹は大丈夫ですと言い張ったが、遅かったのだ。「ウソをつけ」とお父さんは言った。それを言うなら「ウソをつくな」ではないのか。
  さてその「バソコン」 の男は、なんと聴診器を持って「モシモシしようね」と言い出した。モシモシしたいのなら、僕たちはお互いに電話を持っていなければなりません、と言おうとしたが、注射をされたらかなわないので、黙っていた。それからは、だいたいお父さんと似たようなことをされた。
  結局、注射はしないで済んだ。帰りのタクシーの中で、お父さんの講釈が始まった。耳を診ていない、首を診ていない、電子カルテばかり見ている、背中の音を聴かないのなら聴診器などお飾りである、触診がなっちゃいない、お父さんはショウニの救急の資格を持っているんだぞ、もっと流れるように診察しなければならぬ、と息巻いていたが、僕を寝かせつけたあとお父さん泣いてたよって、お母さんが言ってた。そしてお父さんの自慢話はすべて過去のことであって、もうお父さんにそんな能力はないのだそうだ。僕はただ、あのお医者さん、「バソコン」じゃなくて、こっちを向いていてほしかったな、それだけで安心できたかもしれないのにな、と思っただけだ。

きみあきの休み時間 5th メジャーとマイナーの間

2016.02.29

   ピアノという楽器は、オクターブを12等分している。つまり、半音が12個(白鍵7個、黒鍵5個)集まって1オクターブになる。1オクターブとは、ドからドの間のことだ。べつにレからレの間でもソからソの間でもいいのだが、オクターブのことは今、こだわらなくていい。僕が言おうとしているのは、白い天使と黒い悪魔、大げさな比喩で申し訳ないけど、この言い方がいちばんしっくりくる。白鍵の上をずっと歩いているときに黒鍵という悪魔が通り過ぎる、要するに白鍵ばかり弾いているときに不意に鳴らした黒鍵の不安定な感じ、を言いたいのだけど、あの変な感じ。もうひとつ、前から思っていたのですが、半音(1/2音)どうしの間はどうなっているのか。1/4音、すなわち例えば「ド」と「ドの♯」の間の音は。あると思います。どうもデジタルにぶった切られた気がしてならない。単音から和音に話は移って、和音にはメジャー(長調)とマイナー(短調)がある。このへんは、弦に関連した物理法則も絡んでいるらしく、詳しいことは私には、わからない。だが、あなたが、ある和音を聞いて、何となく明るく楽しい感じがすればそれはメジャーで、暗くて悲しい感じがすればマイナーである、と考えて大きな間違いはない。そして、すべての和音はメジャーとマイナーのどちらかに分類できるとされている。ここでまた疑問だ。メジャーとマイナーの中間は、ないのだろうか。メジャーでもマイナーでもない音が、あるような気がするんです。どこへ行ったのか。探しに出かけました。どこか彼方、メジャーとマイナーが交差する幸福な地点まで。紙面というより時間が尽きました。また次回。

 

wata5.jpg

 

Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.