精神科学教室 医局員の声

うつ病治療の可能性が拡がる                      ~経頭蓋磁気刺激(TMS)によるうつ病治療~

2012.10.03

 2012年10月2日、我が国における経頭蓋磁気刺激(TMS)によるうつ病治療の第一人者、杏林大学医学部精神神経科学教室の鬼頭伸輔先生をお招きし、TMSによるうつ病治療に関して御講演いただきました。そして、講演の後半では実際にMagstim社の高頻度磁気刺激装置を用いて、前頭野への刺激方法を見せてもらいました。

DSCF1498.JPGDSCF1495.JPGDSCF1492.JPG

  

 帝京大学医学部附属病院においても薬物療法、電気けいれん療法に加えて経頭蓋磁気刺激(TMS)による治療が始まることで、うつ病治療の幅が拡がることが期待されます。

                                                                      赤羽晃寿

京都での講演会に参加しました。

2012.09.24

 2012年9月16日(日)に京都での講演会に参加してきました。内容は、うつ病診療における笠原先生、大野先生の御講演で大変勉強になりました。同門の先生方にもお会いできて有意義な週末を過ごせました。

お土産は画像のあぶら取り紙を購入して、家族に好評でした。

                           大学院生 初瀬

 

 untitled.png

Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.