よくある質問

収入面が心配です
帝京大学医学部附属病院からの給与の他、アルバイト収入も確保でき、経済的な不安はありません。社会人大学院生となる場合も、診療に従事することにより帝京大学大学院医学研究科から最長3年間の奨学金を受給でき、アルバイトによる収入も確保できます。
出向先の病院はどのように決まるのですか
出向先の状況や本人の希望も踏まえ、相談しながら決めていきます。
女性医師ですが育児との両立は可能でしょうか
育児中の女性医師であっても、就労を継続しやすい環境づくりに医局として取り組んでいます。これまでにも研修と育児を両立させた医師がいますし、各年代に女性医師が在籍していることもあり、育児との両立に理解ある環境が整っていると思います。
研究もしたいのですが
医局として奨励していますし、指導体制を整えています。帝京大学大学院医学系研究科に社会人枠で入学することにより臨床研修と学位取得を平行して進めることも可能です。
火曜日を外勤日にしたいのですが
火曜日は全医局員が出席する各種カンファランスや勉強会などの行事があり、1週間の中でもコアタイムとなっています。火曜日に在勤しなければ、当医局で研修することにならないといっても過言ではないくらい重要と考えていますので、ご理解頂ければと思います。それ以外の曜日については、医局の状況も踏まえた上でできるだけ相談に応じています。
Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.